Hair is dead. But today is wonderful.

薄毛のおっさんが気になるもの・ことについて書きます。

とても熱いCPUの思い出(Intel Pentium D)

今では複数のCPUコアで同時に計算が可能なコンピューターが当たり前ですよね。

スマホでもオクタコア(8個のコア)の機種なんてざらにあります。

 

でも10数年前までは一般的ではありませんでした。

マルチコア(複数コア)を持つCPUなんて無く、複数のCPUコアを持つコンピューターはみんな物理的に複数のCPUを搭載していました。

 

私にとって複数のCPUコアが搭載されたコンピューターは憧れでした。

頭脳が複数あるなんて、キングギドラ的な強いイメージがありませんか?(私だけ?)

 

私が初めて複数CPUコアのコンピューターを触ったのは大学の研究室でした。

先輩が自作したIntel Pentium II 400MHzのデュアルCPUマシンは爆速で、コンパイル(人間の書いたプログラムをコンピューターが分かる機械語に翻訳する作業)がめちゃくちゃ早かったのを覚えています。

 

 

それまで一晩かかると言われていた巨大なプログラムのコンパイルをたった2時間で完了することができました。その驚異的な速さに感動し、私もマルチコアのコンピューターを手に入れたくなりました。

 

しかし、マルチコアのCPUが無いこの時代、複数CPUコアのコンピューターを作るには、複数のCPUを購入しなければならず、その上高価なPentium IIしかマルチ動作に対応していなかったので、貧乏学生が手に入れられるはずもありませんでした。

 

一筋の光明として、当時、ABITのBP6というマザーボードがありました。これを使うとPentium IIではなく、より安価なCeleronでデュアルCPUのパソコンを作ることが出来たのです。しかもこのとき、規定の1.5倍(300MHz→450MHz)で動作可能なCeleron 300Aという神CPUが存在しており、組み合わせれば最強のコストパフォーマンスでした。

 

ABIT???MB Abit bp6???bp6

ABIT???MB Abit bp6???bp6

 

 

 

大学の友人が BP6 + Celeron 333MHz × 2 (Celeron 300Aは品薄で入手できず)で自作しており、非常に羨ましかったのを覚えています。

 

そして、時は流れて2005年、遂に一般向けにもデュアルコアCPUが出回るようになりました。AMDAthlon 64 x 2IntelPentium D です。

ここで私は何を血迷ったかPentium D 820を選択してしまいました。

 

 

私はどちらかというとAMD派なのですが、地元の電気屋さん(エイデン(今のEdion))はAMDのCPUをあまり置いていませんでした。でも、一刻も早くデュアルコアCPUの威力を味わいたくて、Pentium Dの購入を即断したのです。

CPU、マザーボード、メモリ、HDD、DVDドライブ、ケース、OSの一式で10万円くらいでした。

 

使い始めた当初はその快適さの虜になり、色んなベンチマークを動かして悦に入っていましたが、そのうちとても気になることが出てきました。

このパソコン、すごくうるさいんです。

なにせ熱効率の悪いPentium 4を無理やり2つくっつけたようなCPUだったため、筋金入りの爆熱野郎で、CPUクーラーやケースのファンがぶんぶん回ります。

それでも自作プログラムの並列処理の動作を確認したいときは、このパソコンを使うしかないので、それなりに活躍してくれました。

 

今思うと、Athlon 64 x 2にするか、もう少し待ってIntelCore 2 Duoを買うべきでした。欲しい!と思うと頭に血が上って冷静な判断できないんですよね。。

この性格、直したいけど直せるのだろうか。

 

CPUが熱で昇天したおはなし(AMD Athlon XP)

前回、CPUがマザーボードからもげた記事を書きました。

 

toomath.hatenablog.com

 

この事故でメインのパソコンが使えなくなって困っていたところ、会社の同僚に格安でCPUとマザーボードを譲ってもらえることになりました。

確かCPUはAthlon XP 2500+(1.83GHz)マザーボードBIOSTARのものでした。

 

 

Duronが使えなくなったのは痛かったですが、結果的にCPUの性能が高くなったため、私的には怪我の功名という感じでした。

しかし、そんな私を奈落の底に突き落とす出来事が起こります。

 

期待の星、Athlon XP 2500+ が一瞬でお釈迦になってしまったのです。

 

DuronのことでCPUクーラーがトラウマになった私は、少し動かすくらいなら大丈夫だろうと、まずはCPUクーラーを付けずに動かしてみようとしました。

うきうき気分で Athlon XP 2500+ を載せたマザーボードに電源を投入して数秒。。ディスプレイに何も映りませんやばかったか!と思ってすぐに電源を落としましたが、後の祭りです。Athlon XP 2500+ は天に召されました。

 

本当にこのときは自分のバカさ加減に涙が出るほど腹が立ちました。ヒートシンクすら付けていなかったので、CPU内部が一瞬で高温になり、中の回路が焼き切れてしまったのでしょうね。

 

その後、マザーボードとメモリは無事だろうということで、財布と相談して Athlon XP 2400+(2GHz) を買い、なんとかメインのパソコンが復活しました。

 

皆さん、CPUクーラーは必須です!絶対にちゃんとCPUクーラーを付けてから電源を入れましょう!

 

 

CPUがマザーボードからもげたおはなし(AMD Duron)

私は大学生のころ、下記の記事で書いたK6-III 400MHzWinChip2 240MHzを使っていました。そして、社会人になってからも、しばらくはこれらのCPUを使い続けていました。

 

toomath.hatenablog.com

 
toomath.hatenablog.com

 

その頃(2000年前後)、AMD AthlonIntel Pentium IIIの動作クロック数が1GHzの大台を突破し、飛躍的にCPU性能が高くなっていましたが、私はその流れに乗り切れずにいました。

 

社会人になって2年間くらいは、結婚したり、子どもが生まれたりとライフイベントが続いたこともあり、パソコンに多くのお金をかけることができなかったためです。

うちにはSocket 7マザーボードしかなかったので、AthlonPentium IIIにしようと思うと、新しい規格のマザーボードやメモリが必要で、そうなると、一式揃えた場合、どうしても5万円以上はかかってしまいます。

 

それでもパソコンをいじりたいという思いは止められず、新品が駄目なら中古のパソコンを買っていじり倒そうと考え、ハードオフで格安の中古パソコンを買って慰みものにしていました。東芝のビジネス向けデスクトップパソコン(5000円くらい)やフロンティア神代のノートパソコン(1万5000円くらい)を買った記憶があります。

どちらもCPUはPentium 133MHz~166MHz程度で、当時としても非常に遅い部類でしたが、Linuxを入れて使う分には十分でした。

実際、東芝のデスクトップはCPUをWinChip2に換装し、プログラミングなどの実験用Linuxマシンとして活躍してくれました。プログラムのロングランテストのため何日も動かしっぱなしにしてましたが、まったく問題なかったです。

一方、フロンティア神代のノートパソコンは、はずれを引いてしまったのか、しばらくして電源が入らなくなり早々とゴミになってしまいました。。

 

そんなこんなで、しばらく新しいCPUのパソコンをいじることはできていませんでしたが、どうしてもAMDの新しいCPUを使ってみたい(AMDを選んだのはIntelより安いからです)という思いが止められなくなり、Athlonの廉価版であるDuron 700Mhzを入手しました。マザーボードAsustekだったと思います。

以下はDuron 1000MHzです。

AMD???DURON 1000?MHz

AMD???DURON 1000?MHz

 

 

 

その後、Duron 1300MHzに換装して普通に使っていましたが、突然悲しい事故が起きました。起動中にいきなりCPUがマザーボードからもげたのです!

これにはビビりました。ミニタワーのケースを開けるとCPUがソケットから抜けてCPUクーラーごと落下していました。CPUはソケットに刺し、抜けないようにロックをしていましたが、このロックがCPUクーラーの重さに耐えきれなかったようです。

この事故でDuronマザーボードはお亡くなりになりました。

 

それ以降、むやみに大きなCPUクーラーをつけるのは止めました。最近のCPUクーラーはネジなどでマザーボードにくっつけるものが多いと思いますので大丈夫だとは思いますが、皆さんも気を付けてくださいね~。

 

AndroidタブレットでPCゲームをすることに挫折して結局ノートPCを購入しました

以前、カミさんがAndroidタブレットでPCゲームをするために、Windowsリモートデスクトップ機能を使うという記事を書きました。

 

最初はUbuntu LinuxKVMWindows 10 proを起動し、そこにリモートデスクトップ接続するつもりでしたが、KVM上のWindows 10 proの性能が悪く、PCゲームをするには厳しい状況でした。 

toomath.hatenablog.com

 

そこで、KVMからWMware Workstation Player(無償版VMware)に移行し、無事リモートデスクトップでPCゲームができたことまでを書きました。

toomath.hatenablog.com

 

このとき、いくつかのゲームはリモートデスクトップ越しにプレイ可能なことを確認しました。しかし、カミさんが一番やりたがっているゲーム「超えざるは紅い花」は出来ないことが分かり、また別の手段を考えないといけなくなりました。

なお、バイオハザード3もダメでした。この2本、リモートデスクトップ越しでなければ普通にできます。何がいけないのか分かっていません。

  

Platinumシリーズ バイオハザード 3 ~ラストエスケープ~

Platinumシリーズ バイオハザード 3 ~ラストエスケープ~

 

 

そこで、やっぱり普通の小さいノートパソコンを買うことになりました。(結局それかいという感じですね。ごめんなさい。)

 

私はパソコンを買う時、中古を第一の選択肢としているので、まずヤフオクを調べました。

最初に予算を8000円と決めて探したところ、CPUにIntel Atomを搭載したネットブックがたくさん見つかりました。

ネットブックとは、2007~2012年頃に作られた、インターネットに接続しての作業を主用途とした小型軽量のノートパソコンの総称です。

全体的に性能はいまいちで、特にネットブック向けのAtomはシングルコアのものが多く、いつもお世話になっているPassmarkのCPU性能を見ると、私が見つけた中で最も良いと思われるAtom N550でも525となっています。

 

私が普段使っているNEC VersaPro VB-F※(CPUはIntel Core i5-3320M)は4113なので、これと比べると8分の1程度の性能しかありません。

VersaPro VB-Fを入手したときの記事は以下です。

toomath.hatenablog.com

 

まぁ、カミさんのゲームはほぼ静止画なのでこれでも十分だと思います。でも、もう少し上乗せすれば、デュアルコアIntel Celeron SU2300(Passmarkは776)かAMD E-450 APU(Passmarkは 766)のパソコンが買えるしなぁなどと思っていましたが。。

 

画面のサイズを確認するため、カミさんに私のVersaPro VB-F(画面は12.1インチ)を使ってもらったところ、このパソコンが使い易くて良いと言い出しました。

確かに別の機種を買った場合、そのパソコンが思ったように動いてくれない可能性はありますので、どういうものか分かっている同じ機種にしておいた方が無難です。

 

ということで、予算は大きく超えてしまいますが、大蔵大臣の許可を得たということで、VersaProVBシリーズに狙いを定めて物色しまくり、結局、VB-Fとほぼ同じスペックのVB-Gヤフオクで送料込み14500円でゲットしました。スペックは以下です。

 

CPU:Intel Core i5-3340M(Passmarkは4243)

メモリ:DDR3 4GB

HDD:320GB

光学ドライブ:なし

ディスプレイ:12.1インチ 解像度1200×800

OS:Windows 10 pro 64bit

 

私的には、ちょっと別のパソコンも触ってみたいなと思っていたので少し残念でしたが、性能の良いパソコンにしておけば長く使えるので良しとしたいと思います。

これで我が家のパソコンは、NECが3台となりました。こうやって同じメーカーの製品ばかりになっていくんですかね。。

 

 

子どもの勉強のため(?)に初めて作ったAndroidアプリのおはなし

私の子どもは高校二年生です。

2年前、子どもが高校受験の勉強をしていたとき、以下のような勉強用のAndroidアプリを作りました。

 

f:id:toomath:20180630191749p:plain

 

中学3年生になると学校や塾で毎月のように模試などのテストを受けるので、そこで間違えた問題を中心にクイズを作成し、Androidタブレットで繰り返し解けるようにしたのです。

(ちなみに、私の子どもは塾に通っていませんでした。志望校合格の可能性を把握するため、毎月実施される塾主催の全県模試だけを受けていました。)

 

このアプリ、最初はただ文章で問題が出題され、それに回答するだけの機能しかありませんでしたが、段階的に以下の機能を入れていきました。

  1. 絵や音声を使った問題を出す
  2. 問題ごとの正答率を表示する
  3. 過去数日間における日ごとの回答数、正答数を表示する
  4. 未回答の問題、誤答率が高い問題を優先的に出題する
  5. 正解すると好きなキャラクターの画像が表示される
 

1は、問題のバリエーションを増やすために追加しました。社会や理科は写真を見て答えるという問題が多く、英語にはリスニング問題がありますので。

 

2は、子ども自身が勉強の励みになるかと思って追加しました。私はクイズアプリ※が好きでよくやっていたのですが、正答率などのデータが表示されると、もっと高くしてやろうと思って頑張れるんですよね。

※2017年1月にサービスを停止した「冒険クイズキングダム」をやっていました。余計なストーリーがなく、純粋にクイズを楽しみたい私にはピッタリだったのですが、サービスが終わってしまって残念です。キャラクターがちょっと魅力に欠けていたかもしれません。

 

3は、アプリを使ってくれているのか知りたかったので、アプリの稼働状況が分かるように追加しました。

 

4は、私自身が昔やっていた勉強法を取り入れて追加しました。正解する問題はすでに理解できている可能性が高いので、それを繰り返しやってもあまり意味はない。間違える問題を優先して繰り返しやり、頭に刷り込むというやり方です。

 

5は、少しでも子どもがやる気になれるように追加しました。当時子どもが好きだったキャラクター(刀剣乱舞)の画像をWebからダウンロードして使わせていただきました。

 

ちなみに、私にとっては、ちょうどAndroidアプリを作ってみたいと思っていたときだったので、大ぴらにプログラミングする口実ができて良かったというのが真実だったりします。いつもカミさんや子どもから「パソコンばかりやっている」とクレームを受けていますので。

でもクイズアプリってプログラミングしている時間より、問題や解答を作ったり、それをデータ化している時間の方が圧倒的に長いんですよね。クイズの仕組みを作っている間は楽しかったですが、ほぼそれが出来た後、ひたすらクイズを作るのはちょっと辛かったりしました。

 

最終的に、子どもは無事志望校に合格することができました。

アプリが役に立ったのか、実際のところは分かりませんが、役に立ったと思いたいところです。

子どもは来年高校3年生。大学受験が控えています。

さすがに大学入試レベルとなると覚えることが多く、個人が片手間でクイズを作るのは現実的ではありません。また、多くの教材がすでにアプリ化されているので、同じようなものを作っても苦労が報われない気がしています。

なので、アプリ化されていないものに特化して作ってみようかと思います。

 

 

本の思い出(小学生編)

私が小学生の頃、ゲーム機といえば初代ファミコンでした。エポックスーパーカセットビジョンなどを持っている友達もいましたが稀でした。数少ないスーパーカセットビジョンを持っている友人に、ドラゴンボールのゲームをやらせてもらったのを覚えています。

スーパーカセットビジョン

スーパーカセットビジョン

 

私はファミコンスーパーカセットビジョンも持っていなかったので、あまりゲームをしない生活を送っていました。ドラゴンクエストをやっている友人たちがすごく羨ましかったです。(なぜかピンポン(ただボールを打ち合うだけの超単純なテレビゲームです)はうちにありましたが、速攻で飽きてほとんどやってませんでした)

 

以前、記事に書いたようにNECPC-6001というパソコンを持っていました。しかし、ゲーム機としての性能はファミコンに遠く及ばず。そもそも子どもが遊ぶような市販ゲームがありません。無ければ作ろうと思っても小学生がドラゴンクエストのような大層なゲームを作れるわけもなく。。

 

toomath.hatenablog.com

 

ということで、友達と遊ばないときは、よく本を読んでいました。親がしばしば図書館に連れて行ってくれたので、児童書を借りて読んでいました。移動図書館というのもありましたね。

 

小学生の頃に読んだ本でもっとも覚えているのは岡田淳さんの「二分間の冒険」です。

夏休みの読書感想文の課題図書だった気がします。すごいうろ覚えなので間違っているかもしれませんが、確か、男の子が異世界に飛ばされてドラゴンを倒して帰ってきたら二分間しか経っていなかったという話だったと思います。お堅い課題図書なのにロールプレイング風のファンタジーアドベンチャーというのが新鮮で、夢中になって読みました。

二分間の冒険 (偕成社の創作)

二分間の冒険 (偕成社の創作)

 

 

「そばかす先生のふしぎな学校」もすごく面白かったです。残念ながら内容はあまり覚えていませんが、そばかす面の先生が、良いことをした生徒にそばかすを授けるという話だったと思います。奇想天外なストーリーがあまりに面白くて、読み終わるのが嫌で、ずっと読んでいたいと思いながら読み進めた記憶があります。

そばかす先生のふしぎな学校

そばかす先生のふしぎな学校

 

 

那須正幹さんの「ずっこけ三人組」シリーズも何冊か読みました。ストーリーはまったく覚えていませんが、モーちゃんとハカセという主人公たちの名前は覚えてました。ハチベエは忘れてました。(Wikipediaで思い出しました。)

 

あとはやっぱりシャーロック・ホームズですね。児童向け版が図書館に全巻揃っていたので一通り読みました。事件を推理するくだりよりも、ホームズが持ち前の観察力と推理力で依頼主たちの素性を言い当てるところが面白くて、こんな風になりたいと思いながら読んでいました。「シャーロック・ホームズの冒険」は中学生になってから一般向けの文庫版で読み直したりもしました。

緋色の研究 シャーロック=ホームズ全集 (1)

緋色の研究 シャーロック=ホームズ全集 (1)

 

 

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

 

 

こうして書いていると次々に思い出が沸いてきて収集が付かなくなってきました。また続きを書かせていただこうと思います。

 

 

なぜ人は優越感や劣等感を持つのか考えてみました(私見です)

人間は他人と自分を比較して、優越感に浸ったり、劣等感に苛まれたりするものだと思います。

この「優越感」や「劣等感」というやつは一体何の役に立っているのか気になります。

気分が良くなる(悪くなる)からということであれば、なぜ気分が良くなる(悪くなる)のか?

心理学的な面での見解を目にすることはありますが、生物学的な見地から調べている人はいるのでしょうか。

 

例えば、以下のような論理であれば、生物の生きる目的の一つ「子孫を残す」のために優越感を持つことが有利と考えることができそうです。(2は根拠が弱いですが。。)

  1. 優越感を持つ(自分が優れていると考える)と自信が持てる→
  2. 自信を持つと異性にモテる確率が高まる→
  3. 異性にモテると子孫を残せる確率が高まる

つまり、気分を良くするために頑張って優越感を味わえる行動を取ろうとすることは、子孫を残すという目的のためではないかということです。

 

でも人が優越感を感じていそうなときって、周囲の人はあまり気分が良いものではありませんよね。

「どやる」という言葉があります。あれってどやっている本人はすごく得意気ですが、羨望の目で見ている人は少数で、ほとんどの人は嫉妬(劣等感)や呆れを持って眺めているのではないでしょうか。

 

では、優越感とは逆に、劣等感は何のためにあるのでしょう。

やはり、劣等感を覚えると気分が悪いので、劣等感なくすため、ひいては優越感を抱けるようにするために頑張ることに繋がりそうです。

ハングリー精神などを生み出す源泉になり、金銭や地位や名誉の面での成功を促すという事例も見聞きします。

 

ただ、嫉妬(劣等感)が個人を奮起させるだけなら良いですが、社会的に良くない方向に向かうこともあるため、注意が必要だと思います。

実際、嫉妬が高じて殺人にまで至ってしまうこともあります。

 

なぜ嫉妬で人を攻撃するのか。例えばテレビに映っている人に嫉妬して、その人をこき下ろしたとしても、自分にメリットはないように思えます。

嫉妬を感じた人に罵詈雑言を浴びせたり、殴りつけたり、殺したりして自分に何の得があるのか?

 

これは、劣等感が優越感と表裏一体であることから説明が付きそうです。

 

攻撃は相手より優位に立とうとする行為だと仮定すると、

「攻撃によって優位に立つ」→「優越感を得る」→「劣等感を薄める」→「気分の悪さを軽減する」という論理ではないかと推測します。

 

上記のように考えると、人間は子孫繁栄を目的とした生物なので、優越感や劣等感を持つことは仕方のないことだと思えます。

(子孫繁栄は生物の原始的な欲望であり、人間はこの欲望を超えた理性を持っていると感じることもありますが。)

 

私自身はというと、優越感を味わいたくなったり、劣等感で攻撃的になりそうになったりすることが頻繁にあります。しかし、そのたびにそれを意識的に抑えるようにしています。

なぜかというと、人間関係で波風を立てたくないからです。

優越感を振りまくことは周囲に劣等感を生み、劣等感を抱くことは周囲への悪意を生むことがあります。私はこれが人間関係のひずみに繋がると考えています。

 

やはり、人間関係の悩みはもっともストレスを感じます。

私にとっては、なるべくストレスを感じないようにすることが最も重要であるため、今後もできるだけ自分の感情を制御してストレスを回避し、心穏やかに生きていきたいと思います。

なかなかできないんですけどね。逆にそうしなければという気持ちがストレスにならないようにしたいところです。