Hair is dead. But today is wonderful.

薄毛のおっさんが気になるもの・ことについて書きます。

ブリッジモードの無線LAN(Wifi)ルーターのIPアドレスを特定する方法

小ネタをひとつ。

無線LAN(Wifi)ルーターをブリッジモードで使うと、WifiルーターIPアドレスが分からなくなるこことがあります。その場合、設定画面が開けなくなり、大変不便です。

 

こういうとき、WindowsならNetEnumAndroidならFingというアプリを使えば、WifiルーターIPアドレスを調べることができます。

 

 

まず、Windows PCまたはAndroidスマホタブレットWifiルーターに接続します。

次に、NetEnumであれば、「ファイル」メニューの「検索」で同じネットワーク上にある機器を検索します。その際、「MACアドレスを取得する」、「ベンダー名を表示」にチェックを入れます。

以下のような感じです。

NetEnumの検索画面

 

Fingの場合は起動するだけでOKです。

 

画面にネットワーク上にある機器が表示されるので、Wifiルーターメーカー(Baffalo、NEC、ELECOMなど)と一致する機器の情報を見ればIPアドレスが分かります。

なお、同じメーカーの製品が複数ネットワークに接続している場合は、その内のどれが目的のWifiルーターのものかを特定するため、MACアドレスを参照します。

WifiルーターMACアドレス本体に記載されていますので、それと画面に表示されているMACアドレスを比較し、一致するものを探します。

 

最近のWifiルータースマホアプリで設定できるものもあるようですが、そのような機能の無いWifiルーターの場合は上記の方法が使えると思います。

 

Wifiルーターが迷子になって困っている方のお役に立てれば幸いです。

 

 

自宅のWifiルーターの通信性能を測ってみました(Aterm WG1200HS、Aterm WG2200HP編)

今我が家では、1階のリビング用Wifiルーターとして、Aterm WG2200HPを使っています。

廉価版のAterm WG1200HSから変更しました。その辺の顛末は以下の記事をご覧ください。

 

toomath.hatenablog.com

 

しかし、なんだか繋がり悪くなったような気がするんですよね。特に感じるのがスマホゲームアプリのツムツムをするときで、しょっちゅう通信に失敗します。リトライすればうまくいくので、一時的なものだと思うのですが、Wifiルータースマホの切断が頻繁に切れているのか、切断はしていないけど通信がうまくいっていないのか。。理由が分かりません。

 

ちょっと不便なので元に戻そうかとも思いましたが、WG2200HPの方が仕様上の性能は上なので、躊躇していました。

  • WG1200HSは5Ghzが最大867Mbps、2.4GHzが最大300Mbps
  • WG2200HPは5Ghzが最大1733Mbps、2.4GHzが最大450Mbps

 

そこで、戻すか否かを判断するために、WG1200HSとWG2200HPの通信性能を実測してみました。

 

測定環境

  • Wifi子機にパソコン(NEC VersaPro VB-F:Windows 10)とスマホ(acer liquid z530:Android 5.1)を使いました。
  • パソコンで11ac(5GHz)と11n(2.4GHz、5GHz)、スマホで11n(2.4Gz)を測定しました。
  • VersaPro VB-Fには11ac機能がないので、USBのWifi子機(ELECOM WDC-867SU3SBK)を使って11ac通信をしました。
  • 測定ツールにはiperfを使用し、サーバー側は1000BASE-Tの有線接続のパソコンとしました。
  • 2.4GHz帯と5GHz帯チャネルはそれぞれ、WG1200HSとWG2200HPで同じにしました。
  • Wifi子機とWifiルーター間は障害物なしで距離約3メートルとしました。

測定方法

  1. サーバー側で「iperf -s」を実行します。
  2. Wifi子機側で「iperf -c <サーバーのIPアドレス> -t 30」を実行します。
  3. 測定が終わるとサーバー側のiperfコマンドが以下のような内容を出力しますので、「xx.x Mbits/sec」の部分から数値を抜き出します。下記だと 46.4 になります。
[ 4] local 192.168.0.xxx port 5001 connected with 192.168.0.xxx port 46046
[ 4] 0.0-30.1 sec 167 MBytes 46.4 Mbits/sec

パソコンは普通のiperfコマンド、スマホMagic iPerfというアプリを使いました。

 

測定結果

結果は以下となりました。

・WG12200HS

  1 2 3 4 5 平均
PC(VB-F) 11ac(5GHz) 307.0 354.0 351.0 366.0 339.0 343.4
PC(VB-F) 11n(5GHz) 215.0 215.0 202.0 216.0 214.0 212.4
PC(VB-F) 11n(2.4GHz) 95.2 91.6 93.6 91.7 95.1 93.4
liquid z530 11n(2.4GHz) 46.6 46.5 46.7 45.7 46.4 46.4

 

・WG2200HP

  1 2 3 4 5 平均
PC(VB-F) 11ac(5GHz) 491.0 481.0 481.0 481.0 499.0 486.6
PC(VB-F) 11n(5GHz) 214.0 213.0 213.0 213.0 212.0 213.0
PC(VB-F) 11n(2.4GHz) 99.2 101.0 104.0 100.0 103.0 101.4
liquid z530 11n(2.4GHz) 51.5 51.6 51.5 51.7 51.7 51.6

 

考察

パソコンのWifi子機の性能は、5GHzが最大867Mbps、2.4GHzが最大 300Mbps

スマホWifi子機の性能は、2.4GHzでおそらく最大150Mbpsです。

なので、仕様上はWG1200HSで十分であり、2台の差はほとんどないと予想していましたが、WG2200HPの方が高めでした。さすが上位機種というところでしょうか。

特に11acの性能差は顕著なので、11acを使うならWG2200HPの方が良いと考えます。

ただ、我が家にはほとんど11ac機器がないため、通信性能だけを考えるとWG2200HPを使うメリットはあまりありません。

WG2200HPは、スマートリモコンというスマホアプリで管理できたり、設定変更しても再起動が不要だったり、接続している子機の情報を見ることができたりといった機能面での優位性はあるので、もうしばらくWG2200HPを使ってみたいと思います。

 

我が家のようにWifi子機が11acに対応しておらず、便利機能も特にいらないということであれば、WG1200HSがおすすめです。今なら4000円台で売っています。数年使ってみた限りだと、かなり安定しています。

 

 

11acを使いたい、便利機能も使いたいということであれば、WG2200HPがおすすめです。こちらは8000円台で買えるようです。ただ、ツムツムの件が気になりますので、もう少し検証を続けます。

 

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

 

 

 

素の人間について思いを馳せたい人に「鈴木先生」をおすすめします

武富健治さん鈴木先生というマンガを読みました。 

鈴木先生 全11巻 完結セット (アクションコミックス)

鈴木先生 全11巻 完結セット (アクションコミックス)

 

国語教師の鈴木先生が、中学校を舞台に、個性豊かな生徒や先生たちを相手にして悪戦苦闘しながら色んなトラブルに立ち向かう話です。

 

心理描写が細かくて、ずっと読んでいると、ぐるぐる回る思考の渦に囚われそうになりながらも、のめり込んで一気読みしてしまいました。

主人公の鈴木先生を始め、登場人物は曲者揃いですが、どことなく親近感があるというか、自分の中にもその一片が潜んでいそうな気がして、身近な物語として楽しめました。

普段、なんか心に引っかかるなと感じている事柄ををうまくマンガにしてもらっており、主人公の考えに諸手で賛同できるわけではないけれど、こういう考え方もあるかと参考になりました。

一番記憶に残っているエピソードは、ある男子生徒が昼食中、食事中にふさわしくない言葉を発して周囲を引かせるという話です。この行動には理由があるのですが、私にはこの理由がとても腹落ちしたのを覚えています。

 

私はマンガが先でしたが、すでにドラマ化や映画化もしていたのでAmazon Prime ビデオやDVDでこちらも一気見しました。 ドラマや映画もすごく良かったです。長谷川博己さんの鈴木先生は私のイメージにピッタリはまってました。ヒロインっぽい女の子(土屋太鳳さんが演じてました)のイメージがちょっと違いましたが、これはこれでありかなと思いました。 主題歌(ロッカトレンチ「光射す方へ」)も気に入り、今でもよく聞いています。

 

中学校を舞台にしていますが、普通の教育・青春ものではなく、深い人間洞察をベースにした色々と考えさせてくれる作品だと思います。

鈴木先生、マンガとドラマ、どちらでも一度ご覧になることをおすすめします。

 

鈴木先生 完全版 DVD-BOX

鈴木先生 完全版 DVD-BOX

 

 

映画 鈴木先生

映画 鈴木先生

 

 

その後、作者の武富健治さんが気になったので、「ルームメイト」「惨殺半島赤目村」など別作品も読みました。

「ルームメイト」はミステリーとして楽しめましたが、えぐい描写があるので、ちょっと夜中には読みたくない感じです。

「惨殺半島赤目村」はタイトルから想像できるように、さらに輪をかけて残酷描写があるので、読後の嫌な感じはピカイチです。じっとりとしたイヤーな汗をかきたい方におすすめします。

 

 

惨殺半島赤目村(1) (アース・スターコミックス)

惨殺半島赤目村(1) (アース・スターコミックス)

 

 

パソコンの思い出(富士通 FMV-BIBLO NCIII13)

1998年、それまで使っていたLibretto 50を父親が使いたいということで、新しいパソコンを買ってもらえることになりました。

Librettoの思い出は以下をご覧ください。

 

toomath.hatenablog.com

 

そのとき私が選んだのは、富士通FMV-BIBLO NCIII13でした。確かLAOX198000円でした。

 以下のリンクをたどると仕様が見れます。

FMV-BIBLO - AzbyClub サポート : 富士通

 

SONYPCG-505と大いに迷ったことを覚えています。PCG-505は見た目カッコよかったのですが、HDDが1GBしか無かったので、実をとってBIBLO(HDD 1.6GB)にしました。

 

Plamo Linuxデュアルブートにして、LaTeX(ラテフと読みます)で論文書いたりもしていました。

研究室の指導官も同じBIBLOを持っていたので、Plamo LinuxをインストールしてMathmatica(Wikipediaによると数式処理システムだそうです。私は使ったことありません)を使えるようにお願いされたこともありました。

 

Plamo Linuxは、日本人の方が開発した、その名の通り手作り感満載のLinuxでした。rpmdeb等のパッケージ同士の依存性を管理してくれるシステムはなく、tgzに固められたバイナリモジュールを展開するか、ソースコードコンパイル・リンクしていました。

バイナリモジュールが無い場合、インターネットに公開されている ソースコードを入手し、ちまちまとコンパイル・リンクをするわけですが、中々素直にバイナリモジュールができず。。Makefileソースコードをいじって何とかしようとするのですが、諦めたことは数知れず。。 

 

Plamo Linuxのソフトで一番記憶に残っているのは、Enlightmentというウィンドウマネージャーです。ウィンドウを透けさせたり、ウィンドウ枠をエイリアンの世界っぽくデコレーションしたりして遊んでいました。

 

このパソコンはとても気に入っていて、社会人になってからも出張のお供など仕事にも活躍してくれました。

メモリを最大の96MB、HDDを4GB、OSをWindows 2000にしたので、仕事でも結構長い間使えましたね。そういえばセロハンテープで導線を張り付けるという荒業でCPUを133MHzから166MHzクロックアップしたりもしてました。

 

いつ頃からか使わなくなり、キャリングケースに入れっぱなしにしていたところ、カビが生えたときは驚きました。パソコンにカビが生えたのはこのときだけです。

その後、起動しなくなったので、最期は粗大ごみで捨てましたが、大きさと使いやすさのバランスが非常に良いパソコンでした。

モバイルノートパソコンを選ぶとき、私にとって一つの基準になっていることは確かです。

 

 

 

AndroidタブレットからVMware Workstation Playerの仮想マシンにリモートデスクトップ接続してみました

以前、カミさんがAndroidタブレット(SONY Xperia Tablet Compact Z3)でPCゲームをやるために、ファイルサーバー(Ubuntu Linux)上の仮想マシンWindowsをインストールする話を書きました。

 

toomath.hatenablog.com

 

最初は上の記事のようにKVMを使おうとしましたが、あまりの性能の低さに採用を諦め、下の記事のようにVMware Workstaion Player を使うことにしました。

 

toomath.hatenablog.com

 

今回はその続きです。

VMwareでPCゲームができそうな雰囲気になったので、仮想マシンタブレットからリモートデスクトップ接続できるように設定します。

 

 

仮想マシンリモートデスクトップ接続を許可する

Windows 8.1 proの場合の手順について説明します。

  1. エクスプローラを開き、左にある「PC」を右クリックして「プロパティ」を開きます。
  2. すると「システム」画面が開くので、左にある「リモートの設定」を左クリックします。
  3. 下にある「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を選択します。「ネットワークレベル認証で・・・」もチェックしてOKを押します。

以上で仮想マシンへのリモートデスクトップ接続を許可できました。

 

VMware Workstation Player でポートフォワーディングする設定を行う

仮想マシンのネットワークをNATにしたので、ポートフォワーディングの設定をする必要があります。

ブリッジにするとこの辺の設定がいらず楽です。しかし、なぜかうちの環境だと、仮想マシンをブリッジ接続にすると、ファイルサーバーとのVNC接続が頻繁に切れます。私はファイルサーバーのメンテナンスにVNCを使うことが多いので、ブリッジだと都合が悪く、NATにしました。

ポートフォワーディングの設定は「/etc/vmware/vmnet8/nat」にある「nat.conf」というファイルを編集することで行います。

下の方に[incomingtcp]という項目があるので、そこに以下のように追記します。

太字が追記した部分です。

[incomingtcp]

# Use these with care - anyone can enter into your VM through these...
# The format and example are as follows:
#<external port number> = <VM's IP address>:<VM's port number>
#8080 = 172.16.3.128:80
3389 = 192.168.133.128:3389

タブレットや他のPCからファイルサーバーにリモートデスクトップ接続(使用ポート番号は3389)したら、それをそのまま仮想マシンに渡しますよという意味です。

上記の設定をした後、VMwareのサービスを再起動しないといけないと思うのですが、具体的な手順が分からなかったため、ファイルサーバーを再起動しました。

ファイルサーバー再起動後、仮想マシンを起動したところ、他のPCからリモートデスクトップ接続できました!

 

Androidタブレットリモートデスクトップをインストールする

Google Playに「Microsoft Remote Desktop」が公開されているので、普通にインストールします。

右上の「」を押して「Desktop」を追加します。

私はファイルサーバーのIPアドレスを入力し、ログインアカウント、パスワードを記録させました。

これでタブレットからリモートデスクトップ接続はできたのですが。。大事なことを見落としていました。AndroidアプリのMicrosoft Remote Desktop」だとリモートで音が出ない!

これではゲームの楽しさが半減どころか乙女ゲームにとって致命的です。

うーーーん。なんとか手を考えたいと思います。

(追記)

音が出ないのは試したゲームが良くなかったからでした。他のゲームなら大丈夫でした!

お騒がせして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

 

 

ミーツ(Watts)のLANケーブル延長コネクタがおすすめです

超小ネタをひとつ。

LANケーブルを延長するコネクタってご存知でしょうか。

下記のような製品です。二本のLANケーブルを繋いで長くしたいときに使います。

LANケーブル延長コネクタ

 

100円ショップに売っていますが、お店によって対応している規格が違います。

ダイソーセリアに売っているのは100BASE-TXまで、ミーツ(Watts

)のは1000BASE-Tまでいけます!ちゃんと実測で900Mbps程度まで出ます。

なので私はいつもミーツで買っています。

 

amazonでも売っていますが、500円以上しますので、ミーツで買うのがおすすめです。

エレコム LANケーブル 延長コネクタ CAT6 LD-RJ45JJ6Y2

エレコム LANケーブル 延長コネクタ CAT6 LD-RJ45JJ6Y2

 

 

 

 

Raspberry Piでハムスター観察カメラを作ってみました

我が家にはハムスターが2匹います。

とても可愛いので、いつでも見られるようにしたい!という建前でカミさんに観察(監視)カメラを設置する許可をもらったので、Raspberry Piを使ってカメラ動画を配信する仕組みを作ってみました。

実は訳あってすでに撤去していますが、自分なりに工夫したこともあったので、ここに記します。

(ここに記載していることはRaspberry Piに特化したものではありません。Ubuntu Linuxなど普通のLinuxにも使える話です。)

 

下記の流れで作業を行いました。

 

カメラを選定する

まずカメラを選びます。Raspberry Pi(ラズベリーパイ・ラズパイ)UVCに対応したUSBカメラなら刺すだけで使えますので、たまたま最寄りのヤマダ電機500円で叩き売られていた下記のカメラをゲットしました。

オートフォーカスの200万画素です。500円の割には結構きれいに撮れます。

ちなみに、UVCのカメラは「USBに刺すだけで使えます」と書いてあります。

 

 

カメラ動画配信ソフトを選ぶ

カメラ動画の配信には、mjpg-streamerを使います。

mjpg-streamerの導入等については、下記のWebページを参考にさせていただきました。

www.smartllc.jp

 

延長ケーブルを導入する

うちはRaspberry Piをテレビにつなげています。Kodiを使うためです。

しかし、ハムスターのケージはテレビから離れているので、カメラのケーブルが届きません。そこで延長するケーブルが必要になります。しかし、ただの延長ケーブルでは5mまでしかカメラの映像信号が届きません。

そこでリピーターケーブルの出番です。これを使うと最大20mまでUSBケーブルを延長できます。(下記のケーブルは5mですが、3本つなぐと20mまでいけるらしいです。)

 

iBUFFALO USB2.0リピーターケーブル (A to A) 5.0m ブラックスケルトン BSUAAR250BS

iBUFFALO USB2.0リピーターケーブル (A to A) 5.0m ブラックスケルトン BSUAAR250BS

 

 

mjpg-streamerを起動する

mjpg-streamerはWebサーバー機能をもっているので、下記のように起動するだけで、ブラウザで配信動画が見れます。

./mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -f 1 -r 640x480 -d /dev/video0 -y -n" -o "./output_http.so -w ./www -p 8080 -c <ユーザー名>:<パスワード>" &

各オプションについては、下記のWebページにまとめていただいていますので、参考にご覧ください。

Devel/電子工作/RaspberryPi/ウェブカメラでストリーミング - cubic9.com

かいつまんで言うと、-f は1秒当たりのフレーム数、-r は解像度、 -w はコンテンツの場所、-p はポート番号、-c はBASIC認証のユーザー名とパスワードです。

 

カメラの明るさを変えられるようにする

上記だけでもブラウザを使って配信動画を見られますが、問題がひとつ。

私の使ったカメラは明るさの自動調整ができないので、朝方など、部屋が暗いときの明るさに合わせると昼間は真っ白に、昼間の明るさに合わせると朝は真っ暗になってしまいます。

 

そこで、CGIを使ってカメラ動画のWebページから明るさを変更可能にしました。

CGIを使うために apache を使います。

apacheで配信するカメラの動画ページのhtml(抜粋)は以下のような感じです。

htmlに詳しくないのでおかしなところもあるかもしれませんが、一応動きました。

テキスト型フォームに1~5000の数値を入れて「変更」ボタンを押すと、CGIが実行され、明るさが変わります。

<head>
<title>Hamster's home</title>
</head>
<body>
<h2>動画</h2>
<a href="index.html">戻る</a>
<center>
<img src="<Raspberry PiのURL>:8080/?action=stream" width="100%" height="100%">
</center>
<input type="button" value="更新" onClick="window.location.reload()">

<FORM ACTION="set-exposure.cgi" METHOD="GET">
露出(1-5000:5000が最も明るい): <INPUT TYPE="text" NAME="exposure" SIZE="4"><BR>
<INPUT TYPE="submit" VALUE="変更">
</FORM>

</body>

 

カメラの明るさを変えるCGI、set-exposure.cgiの中身は以下です。

なお、sudo している箇所がありますが、このままでは動きません。apacheがrootで動いていないためです。root権限での動作が必要な処理をapache経由で行うには、少し工夫が必要になりますが、セキュリティ上の問題があると思いますので、やり方は割愛します。

#!/bin/sh

echo "Content-Type: text/html; charset=utf-8\n"

echo "<html>"
echo "<head><title>設定変更中</title></head>"
echo "<body>"
echo "<p>"
echo "設定変更中です。少しお待ちください。"
EXPOSURE=`echo $QUERY_STRING | awk -F "=" '{print $2}'`
sudo /home/pi/mjpg-streamer/set-uvc-exposure.sh $EXPOSURE
echo '<meta http-equiv="refresh" content="5;URL='$HTTP_REFERER'">'
echo "</p>"
echo "</body>"
echo "</html>"

 

明るさを変えるコマンドを実行する set-uvc-exposure.sh の中身は以下です。

#!/bin/sh
v4l2-ctl -d /dev/video0 --set-ctrl exposure_auto=1
v4l2-ctl -d /dev/video0 --set-ctrl exposure_absolute=$1 

 

以上が、ハムスターがいつでも見られるように私がやったことです。

外出先からでも見れられるようにしていましたが、結局私しか見ていませんでした。。

これから観察(監視)カメラを作ろうと思っている方の参考になれば幸いです。